カワハギ釣り、沖釣り、友釣り、アウトドア、野外における週末の過ごし方ブログ

カワハギ釣り BENZO = mc^2

カワハギ釣り 釣果

ステファーノ180初陣。竿頭!37枚

更新日:

カワハギ37枚。
ステファーノ180 竿
海ポチャしたバイオインパクトカワハギH180の代わりに投入した
シマノステファーノ180


A-MbXDdCIAASGV1.jpg
ツ抜け

A-Ms8LRCQAA385_.jpg
20枚目

A-NpeQUCUAAJczk.jpg
30枚目

A-NsqMqCYAAXoTY.jpg
昨日とは打って変わって、晴天の剣崎。
前回、海ポチャしてしまったので、

新しい竿を購入。
そうです、
シマノステファーノ180 with シマノステファーノ201

リールは相当よい出来なので、迷わず再購入。2台目であり2代目。
リールはやっまシマノなんだよね、シルキーな巻き心地がたまらん。

しかも、小さくて軽いし。

バイオインパクトカワハギH180もかなり気に入っていた竿なので、
同じの買おうと思ったが、もう少し先調子がやっぱり釣りやすいかな?と思い

シマノステファーノ180を購入。

軽すぎ!

どんな感じか?
確認の意味合いを含めて、出船。
魚は2m以上浮いていることはなくて、
1m以下に固まっていた。
底中心の展開。
終始、絶好調!37枚、

次点に10枚以上の差をつけたぜ!

■シマノステファーノ180のインプレ
自分の釣りピッタリ合う竿。
今期から本格的に始めた宙釣りと、得意の叩き弛ませに、ピッタリの調子。
海に落としたバイオインパクトカワハギH180の贅肉を落として、
感度を更に上げ、調子を少し先調子した感じ。

王道のカワハギ竿より若干柔らかいがこれは本当に良い。

途中の高切れが発生して、極鋭に戻しましたが、
ステファーノ180が釣りやすいので、リーダーを付け直して、終始ステファーノ180。
一度慣れると極鋭が重く太く、感度が鈍く、感じてしまう。

太さって要素は軽さより重要な要素と気づく、
メタルトップは竿の重心が手の中にあるイメージじゃなくて、少し沖に出ているイメージなんだよね。
ステファーノのこの組み合わせは重心が仕掛含めて、丁度右手の真ん中にある感じなんだね。

気になる感度。
カーボントップの方が感度の質が、違いが分かる
オモリが底に付く、カワハギがエサを吸う、吐く。
他の竿もアタリが分かるんだけど、
質の違いが細かいグラデーション状で判断出来る。
メタルトップだと全部のアタリが『ビビ〜〜〜ン』となってしまうが、ステファーノ180は違う。

こりゃいい!

ステファーノ180、久々に買って良かった一本。
今回のシマノのロッドは、かなり凄いところまでいってる。

釣りは風も穏やかで、
自身の今期最高釣果で久々竿頭!
満足でした。

釣行データ

カワハギ37枚、竿頭!
次点は24〜26枚位?
竿頭記録2011年11月より現在10回です。
天候:晴天ときどき曇
海況:朝の1時間1m前後のち凪
風:5-6m→12時位から2-3m、
潮: 中潮
同行:なし
席:左ミヨシ3番
水深:25-30m
船の向き:北向き
ポイント:剣崎沖、松輪瀬
船宿:成銀丸 神奈川県三浦市南下浦町松輪
★使用タックル★
竿:シマノ バイオインパクトカワハギ H180
竿:ダイワ 極鋭カワハギ1454 AIR
リール:シマノ メタニウム mg7(左)
リール:シマノ ステファーノ 201
オモリ:30号
ハリ:がまかつ速攻、喰わせ4.5など
オモリロスト:2つ
集魚板ロスト:1枚

-カワハギ釣り 釣果
-, , , , , , , ,

Copyright© カワハギ釣り BENZO = mc^2 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.