カワハギ釣り、沖釣り、友釣り、アウトドア、野外における週末の過ごし方ブログ

カワハギ釣り BENZO = mc^2

カワハギ釣り 仕掛 タックル

カワハギの仕掛けを作ろう!市販品から自作まで、釣りを楽しむカワハギ仕掛け

更新日:

カワハギ仕掛け、ハリス止めビーズ 小さくても仕掛けの要。
IMG_2674.jpg


自分が買ったハリス止めビーズいろいろな種類が存在して、どれもこれも個性のある商品ばかり、握りやすかったり、重みがあったり。
そんなハリス止めも色々試して行く内に一つに集約されて行く、それはハリスとの関係。

僕の仕掛けは潮受けを強くする為に時には4号も使っている。「細い方がアタリが明確に出るのでは?」との意見もありそうだが、PEは極力細い1号、0.8号を使用しているのでメリハリを付けることで、仕掛けの存在を大きくし、前アタリを掴みやすくしている。
1号を使ったり色々やったが、今は3〜4号に落ち着いている。太いと根ズレに強く、ハリもあるのでお祭りの際もほどきやすい。
カワハギ仕掛けは大半が3号なのもうなずける。

そのハリスにピッタリ合うハリス止めビーズを選定すると自ずと使えるモノが決まってくる、小さめのモノだと5号ハリスが通らなくて大変苦労する。今度は大きいと通ってもガバガバで遊びが大きい、それはそれで問題。その遊びがフィーリングをおかしくする。
おそらく、大差は無いのだが、釣っているときの違和感を排除し、自分の釣りに極力マッチさせる為に試行錯誤。ハリス止めビーズはハリの次ぎに、カワハギ釣りで結構悩む仕掛けだとつくづく思った。

仕掛け作りも楽しみの一つなので、色々な事を想像して釣果が上がる仕掛けを作っています。

仕掛けの作り方!

-カワハギ釣り 仕掛 タックル

Copyright© カワハギ釣り BENZO = mc^2 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.