*

カハワギ仕掛けの作り方 市販のカワハギ仕掛けなど

カワハギ仕掛けの作り方

仕掛けは釣りの中で一番個性が出る場所。こだわりを持って手作りする名手が多い。希に市販の仕掛けを使っている人もいる。
市販の仕掛けを使う人も、一度は自作する事をオススメする。
shikake


・初心者には市販品
釣り全般の初心者は絶対買った方が良い。何故なら構造を理解して「自分ならこうする」という改造ポイントを見つけることが重要だからだ。市販の仕掛けは研究されているので出来が良い物が多い。
しかし他社製品と差別化する為に個性的な仕掛けになっているいるものもあるので、ベーシックなものを選ぼう。他の釣りをやりこんでいる人は自作をオススメする。

・自作仕掛けのメリット。
自分の思い通りに仕上がりカスタマイズ出来るのが一番のメリット。どんな釣りでも仕掛けに釣り人の釣り哲学が凝縮されるから、先人の仕掛けを見るのは非常に勉強になる。
仕掛けをロストしやすいカワハギ釣りには、安価で大量に仕掛けを作れる自作はお財布にもやさしい。一石二鳥とはこのこと。

カワハギ自作仕掛け準備

船釣りカワハギの仕掛けを作るのに必要な素材と工具を紹介します。
■ 準備するもの
・素材
    ライン フロロカーボン
    スナップ
    スナップ付きサルカン:スイベル
    自動ハリス止め
・工具
    千枚通し
    ハサミ
    定規
以上。結構簡単につくれますので、釣具屋で揃えましょう。

●ライン フロロカーボン
カワハギ仕掛け_ライン.jpg
フロロカーボンのライン2号〜4号。3号が主流。細ければ水切れが良くなって感度が上がるが、後半に出る自動ハリス止めとの兼ね合いや根ズレに対する強度の問題もあるので適切なラインを使おう。高級ラインもあるが感度的にはさして変わらないのが結論。リーズナブルなもので良し。

初心者の時、色々ラインを試しました。結論は3号で釣り続け、技を磨く努力をした方が良いです。釣れないのは仕掛け、ラインでは無い。腕です。面倒なので迷わないこと。


クレハ(KUREHA) ライン シーガー 船ハリス 100m 3.0号

クレハ(KUREHA) ライン シーガー 船ハリス 100m 4.0号

シーガー 船ハリスなら100mで1000円しません。AMAZONは送料無料でした。

●スナップ
●スナップ付きサルカン
カワハギ仕掛け_スナップ.jpg
スナップ2号、スナップ付きサルカンはスナップが同じ大きさのもの、今回は5号。スナップはキャストする時にオモリの重みでスナップが開いたり壊れたりしないものをチョイス。プレーンなスナップだとキャストしたときにスナップが開いてしまうので、写真のようなスナップやロック出来るものがオススメ。あまり強度を持たせても根掛かりしたときにPEラインから切れてしまうと強度が強すぎるので、ある程度壊れる強度を選ぶこと。


NTスイベル(N.T.SWIVEL) インタースナップ NTパワー ブラック ハンガーパック 50個入 #5

NTスイベル(N.T.SWIVEL) インタースナップ クロ #2

スナップ2号、スナップ付きサルカンは5号が丁度良い感じです。贔屓目なしでこのスナップタイプが良いです。キャストしてオモリだけ外れた経験はありません。これは良い!

●自動ハリス止め
カワハギ仕掛け_自動ハリス止め
自動ハリス止め、カワハギ仕掛けの特徴。商品名は様々で色々な形状がサイズがある。ラインとの適合サイズを調べて選ぼう。大きすぎてガバガバにならないように注意したい。


ダイワ(Daiwa) 快適フックビーズ M 夜光

ヤマシタ(YAMASHITA) YHビーズ M 夜光

フックビーズ、YHビーズなど呼び名は様々ですが主流は上の二つです。適合ラインサイズにあわせ3号だとMサイズが丁度良いです。ウェイト付きとかもありますが、ウェイトはゴム張りオモリで実釣中に対応できるので、個人的に仕掛け本体に組み込む必要はないと感じてます。
ですが、ウェイトタイプの自動ハリス止めも使ってみて自分の釣りに合うようでしたら採用するのが良いと思うので色々試して「これいい!」と思ったら採用してください。使わなきゃ分かりません。

●工具類
カワハギ仕掛け_工具
基本なんでも良い。ハサミ、定規、千枚通し、木の板は千枚通しのを固定するのに使ったりするが無しでもOK。カワハギ仕掛けだけで無く、千枚通しはキッチリ仕掛けを作る上であると便利。

カワハギ自作仕掛け 実践早速作ってみよう!

まずは設計。ものを作る時なんでも同じですがある程度設計をすると簡単にできますので、仕掛けの設計をします。
今回作るのは王道の仕掛け。いろいろなメーカーが出している所謂『カワハギ仕掛け』が以下。
胴付き仕掛け、3本針の自動ハリス仕掛け。

仕掛設計図
仕掛けの間隔は下から6cm、10cm、15cm、45cm。

早速制作開始。

■ラインカット
カワハギ仕掛け_ラインカット
先に使用する長さのラインをカットする。6cm、10cm、15cm、45cmで仕掛けの全長は76cm。プラスゆとり分10cm足して、86cmでカット。

■オモリ側スナップサルカン付け
仕掛け_ノット1
仕掛け_ノット2
次ぎにオモリ側のスナップサルカンを付けます。結び方は『ユニノット』もしくは『クリンチノット』

必ずオモリ側から作ること、自動ハリスの間隔が重要なカワハギ仕掛け、下から作るとブレが少ない。

●ユニノットはこんな感じで結びます
ユニノット
ラインカット

ラインカットは大体5mm程度残して切ること、1mm程度で切るとノットが解ける場合があるので注意。ストイックな人ほどギリギリまで切ってしまう傾向があるが少し余裕をもたせて切ること。
引っ張って解けなければOK。

■自動ハリス止め装着
カワハギ仕掛け_12.jpg
6cmを正確に測ります。
カワハギ仕掛け_14.jpg
八の字結びでコブを作ります。6cmの位置がずれない様にするのがコツです。

■八の字結び
八の字結び
カワハギ仕掛け_15.jpg

■自動ハリス止め通します
カワハギ仕掛け_16.jpg

■同じ要領で八の字結びでコブを作りますがここで千枚通しを入れます。
カワハギ仕掛け_ライン.jpg

■締め上げる時にコブが自動ハリス止めの近くに出来るように、引っ張ります。
カワハギ仕掛け_17.jpg

■締め上げながらコブを自動ハリス止めに近づけコブの位置をしっかり決めます。これでガバガバでない自動ハリス止めを設置できました。
カワハギ仕掛け_18.jpg

■自動ハリス止め、両サイドのコブがしっかりできました。指で弾いてクルクル回ればOK。
同じ要領で残り二つを付け、最後にオモリ側と同じ要領でスナップを付ければ完成です。
shikake.jpg

以上カワハギ仕掛け作りでした。
私の使っている仕掛けは今回お伝えした物とほぼ同等です。枝ス間が下から10cm-10cm-10cm-45cmもあります。こちらは宙釣り用。今回の方は這わせから弛ませ、宙とオールマイティの枝ス間です。カワハギの釣れ具合、外道の状態で仕掛けを交換して行くのが釣果を伸ばす肝です。と言ってもカワハギの棚を把握出来ればどちらの仕掛けでもビシッと合わせられる技術があればさほど悩みません。
しかし、実釣で憶えておいて欲しい事は仕掛けの枝ス間5cm程度の棚のズレを名手は合わせて釣ってます。それぐらいカワハギの棚は需要であることを忘れないでください。棚を意識して釣れば初級から中級に簡単に進化できます。

仕掛けはあくまで手段です。今釣れてメジャーな仕掛けが5年後最善であるかは誰にも分かりません。

PS
初心者の方によく質問されるのですが「仕掛けを次回使っても大丈夫ですか?」というもの。もちろん大丈夫です。幹糸に致命的なダメージがない限り私の場合使い続けます。イカ釣りと違いカワハギはそれ程神経質ではないので何回でも使い続けてください。切れてもハリス止めなどを回収して再生して使い続けます。新品じゃなくても釣果に影響はありません。

関連記事

no image

シマノ ステファーノ CI4+ 200 201|SHIMANO STEPHANO CI4+

シマノ ステファーノ CI4+ 200 201|SHIMANO STEPHANO CI4+

記事を読む

no image

ダイワ 極鋭カワハギ 1332 AIR 180

ダイワ 極鋭カワハギ 1332 AIR カワハギ竿・ロッド・タックル

記事を読む

no image

ダイワ 極鋭カワハギ 1455 180

ダイワ 極鋭カワハギ 1455 カワハギ竿・ロッド・タックル

記事を読む

ステファーノ 攻[Stephano SEME] HHH171 マニアック過ぎるカワハギ竿

ステファーノ 攻[Stephano SEME] HHH171 シマノのステファーノシリ

記事を読む

ステファーノXG[Stephano XG]、進化したカワハギリール誕生

ステファーノXG[Stephano XG] シマノ、ステファーノXG、買うか?買わないか?

記事を読む

no image

シマノ ステファーノ 攻 HH165 S175|SHIMANO STEPHANO

シマノ ステファーノ 攻 HH165 S175|SHIMANO STEPHANO

記事を読む

カワハギの仕掛けを作ろう!市販品から自作まで、釣りを楽しむカワハギ仕掛け

カワハギ仕掛け、ハリス止めビーズ 小さくても仕掛けの要。 自分が買ったハリス止めビーズ

記事を読む

no image

シマノ ステファーノ 180 MH170|SHIMANO STEPHANO

シマノ ステファーノ 180 MH170|SHIMANO STEPHANO

記事を読む

no image

シマノ メタニウム mg7|SHIMANO Metanium Mg

シマノ メタニウム mg7|SHIMANO Metanium Mg

記事を読む

no image

ダイワ 極鋭カワハギ 205

ダイワ 極鋭カワハギ 205 カワハギ竿・ロッド・タックル

記事を読む

記事をお読みありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。クリックの協力お願いたします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Benzo

神奈川県横浜市在住、釣り人冒険野郎。釣り全般、夏は鮎、冬はカワハギ、釣ったり食べたり。ブログ絶賛更新中、気軽にフォローミー!

東京湾トラフグ狙いのえさ政トラフグ乗合船

久しぶりの釣行レポート。昨年9月から仕事で超忙しくなり

これが船カワハギの先を行く、船石鯛。伊仁丸

伊仁丸、石鯛乗合船 ちょくちょく釣行には行ってました

リアル原始人ユーチューバー。『Primitive Technology』

リアル原始人ユーチューバー。『Primitive Technolo

ようやく始まった成銀丸カワハギ。40枚

成銀丸、カワハギ乗合船 カワハギ釣り 釣果 40枚 竿頭

新盛丸、ダイワカワハギオープン 2015 1次勝山予選

ダイワカワハギオープン 2015 1次勝山予選 新盛丸 E船 カワハ

→もっと見る

  • 2011年11月より
    ●カワハギ竿頭14回くらい
    ●カワハギ釣果 791枚くらい
    ●カワハギ最高釣果 52枚
    一郎丸 2011年11月23日
    成銀丸 2013年11月30日

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑