カワハギ釣り、沖釣り、友釣り、アウトドア、野外における週末の過ごし方ブログ

カワハギ釣り BENZO = mc^2

シロギス釣り 釣果

本牧 長崎屋。シロギスを釣りに地元 長崎屋へ 久々のシロギス釣り

更新日:

シロギス30本
キス 長崎屋
胴付きシロギス釣りで有名な『長崎屋』、エビメバルも得意な船宿
なにげに毎年一回は行く


IMGP0142.JPG
IMGP0143.JPG
本日のタックル、マルイカ用

IMGP0144.JPG
エサは青イソ君

IMGP0146.JPG
寒い

IMGP0147.JPG
途中経過

IMGP0150.JPG
本牧のポイント、左端が神キス釣り師!スゲー釣果!

IMGP0153.JPG
30匹釣れやした!

マルイカ釣りたいけど、今年は神奈川にはいない模様。
2010年も今年のように全く釣れない年だった。三年前はしつこく鴨川まで追ったけど、今年はやりません。
遠いよ鴨川。往路は良いけど、復路が苦痛なんです渋滞。

話は変わるけど、イカと地震の関係ってあると思うので来年デカイの来るかも。
2010年あれは異常だった、、今年はそれを上回る異常さ、マルイカが釣れてない。
今年カワハギが東京湾で湧いたら、リーチかもね。

まー、ココに書いておけば魔除けになるので、、、
諦めて違う釣り物をチョイス。

で、

本日の釣り物はシロギス!
天ぷらにすると美味しい。

定食で普段食べている、冷凍のシロギスは冷蔵庫臭くて

非常に不味い。

美味しいシロギスを食べられるのも、つり人の特権である。

4月20日、メバル釣りでお世話になった長崎屋に向かう。
岸払いは8時30分、受付は8時。朝ゆっくりしても大丈夫なのが嬉しい長崎屋。
土曜日の7時くらいでも普通に働く車が多い時間帯になるので、
渋滞に巻き込まれ、釣友キテレツ君の家に遅れ気味に到着、間に合うのか?
だが、本牧は近所なので、遅れることなく長崎屋に到着。

すごく!近い!

本牧 長崎屋は親父さんが非常に世話焼きで色々してくれる。

聞けば丁寧に教えてくれるし、横浜の中心部に近いことから女性のお客山も結構多い。
帰り際に缶コーヒーを飲みながら、船頭交え反省会的な感じになるので、
勉強になる船宿です。
本牧 長崎屋はルアー船も有名なので、今度チャレンジしたいです!

●いろいろ教えて頂く。
本日のポイントは本牧沖、小柴沖。
常連さん、長崎屋の船頭さんに色々コツを聞いて挑戦。
・エサ付けのポイントは長さ、アオイソメは半分の長さに!5〜6cm
・エサはちょん掛け。
・針を抜くのは腹側。
・エサは交換しないで使い続ける、短くなったら交換。使い倒した方が吸い込みが良い!
フレッシュなエサが良いと思ったら大間違い、カワハギ、鯛釣りとは違うね、なかなか奥が深い。
キャスト、着底、7〜10秒待って聞き合わせ兼、根掛かり防止のしゃくり。
待っている間にアタリがあったら、合わせ。
手前まで持ってくる、回収キャスト、それの繰り返し。
通常使われる『天秤』は横浜の船キス釣りには使わないほうが良い。
砂地に小さな岩礁が点在する為、根掛かりしてしまう。ズル引きも根掛かりの原因。
などなど、メガネの常連さんが凄い良い方で感動。ココで涙。

●実釣!
海の中には赤クラゲばかりで釣果が伸びない、、、
後半は糸を張りすぎて、たわみが無かったのか?食いが悪かった。

糸フケを作って、魚が飲み込み易くするのがポイント、それを忘れてました。

カワハギとは違い、ゼロテンションは最悪なのだ。
艫に目をやると、、、
艫にいたベテランの方が鬼のように釣っていた。
置き竿ではなく、なんと竿を両手に持って釣っているではないか!

二刀流!
久々のカルチャーショック。見たことないこんな釣法、
神対応に終始圧巻される、もちろんその方が竿頭90本。
こっちは、ポツポツ釣りながら30本、実力の差はトリプルスコア。

●反省点。
神は針は二本針の胴付き×二本、こっちは祭りたくないので、一本針。結果として二本針有利、キテレツ君も二本針で49本。
浅場のシロギスは柔らかい竿の方が釣果が伸びるらしい、深場はアタリを取りやすい先調子がいい。
ロッドチョイスも間違え、硬すぎ、、、適合するオモリとかって重要なんだね。キスロッドを買うべき、マゴチにも使えるし。
リールはスピニング一択、オモリを切って浮かすシーンは無いので手返し、キャストのやりやすいスピニング有利。
凄く寒かったですが、満足しました、
人生2回目のキス釣り、掘り下げてやると面白そうです。
長崎屋さんまた行きます!

釣行データ

シロギス30本、
竿頭:90本
日付:2013/04/20
天候:曇のち雨、4月にしては非常に寒い
海況:凪(海底は前日の風の影響で底荒れとのこと)
風:東の風5-6m
潮: 若潮
満潮:00:45 and 12:23
干潮:07:19 and 18:56
同行:キテレツ君 49本
席:左艫3番
水深:10-15m
船の向き:東向き
ポイント:本牧沖、小柴沖
船宿:長崎屋 神奈川県横浜市本牧
★使用タックル★
竿:シマノ バイオインパクト マルイカ165
リール:シマノ メタニウム mg7(左)
オモリ:15号
ハリ:長崎屋オリジナル仕掛、針オーナーの袖針1本針9号
オモリロスト:0

-シロギス釣り 釣果
-, , , ,

Copyright© カワハギ釣り BENZO = mc^2 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.